段位制度・インストラクター体系

立禅段位制度について

立禅普及協会では、立禅の修練度によって段位の認定を行っています。

初級教室は、5級から1級までとなり、気の安定を目的に修練します。
中級教室は、初段から2段までとなり、内気の確立を目的に修練します。
進修教室は、3段から5段までとなり、外気初の応用を目的に修練します。
満修教室は、6段から7段までとなり、能力開発を目的に修練します。

1級取得者レベルは、一般でいうところの良い健康状態と見立て、普及活動を行っています。

立禅インストラクター体系

初段取得後、希望者には教室を運営するインストラクターとして会員を指導する立場を薦めています。

指導者になることで、「自分が教わる」「自らを律し修練を行いレベルを上げる」といった効果があります。

インストラクター体系は以下の通りとなっております。詳細および取得条件についてはお問い合わせください。